韓国ドラマ『赤い月青い太陽』親と子の在り方とは。さまざまな家族の愛の形を問う社会派ミステリーサスペンス

・おすすめ★★☆
韓国ドラマおすすめ度 ★★☆

圧倒的演技力キム・ソナ主演。運命に導かれるように事件に巻き込まれた児童カウンセラーが辿り着いた真相とは!?ハラハラが止まらないミステリーサスペンス!

これは結構好き嫌い分かれるジャンルだと思います。サスペンスに「児童虐待」というテーマがあります。児童カウンセラーの周りで殺人事件が起きていくのですが殺され方がむごくて、「うわっ」って感じです。逆にあまりリアルではないですが。ドラマ序盤はう~ん。という感じでしたが一つ一つの事件が解決していくごとにドラマの大きなストーリーの要素が出てきてサスペンス要素が高まり結末が気になりすぎて見てしまいました!サスペンス好きさんにはおすすめです。

↓簡単なあらすじ

児童カウンセラーとして働くチャ・ウギョン(キム・ソナ)は、夫と娘と生まれてくるお腹の子の誕生を心待ちにしていた。いつものように児童相談センターでカウンセリングを終えて、帰路に着こうと車を運転していると、1人の女の子が突然、車の前に現れた。突然のことでブレーキが間に合わなかったウギョンはその子を轢いてしまう。警察で事情聴取を受け詳細を話していると、病院に運ばれたその“男の子”は亡くなったという一報が入る。自分が轢いたのは確かに緑の服を着た“女の子”だったと主張するウギョンだったが、警察に見せられた実際の映像は、男の子だったのだ…。自分が見たのは絶対に女の子だったのに…。では一体あの女の子は誰なのか?そして亡くなった男の子の遺留品にあった謎の詩の意味とは何なのか?運命に導かれるように、次々と事件に巻き込まれるウギョンは、現場に残された詩を手掛かりに全ての真実を暴こうと動き出す。
1話から衝撃。まさかの子供を轢いてしまう、という。その時に自分だけに見えた緑色の服を着た女の子ドラマの大きなカギであり、これが誰なのか、何を訴えているのかを推理していく楽しさがあります。事件現場には共通するある“詩“が残されていて、これが事件とどう関わっているのかなどなど気になる要素が満載。ただしスリラー要素もあるので苦手な方はやめた方がいいかと。汗
やっぱりキム・ソナさんってすごいですよね~。今回キム・ソナさん演じたウギョンは普段は落ち着いた児童カウンセラーで責任感も強くいい意味で「よくいる」女性を演じています。いい母・いい妻を目指しているのですが事故で一変。そりゃそうですよね。妊娠中に子供を轢いてしまうなんておかしくならないわけがない。事故を起こしてからの精神の不安定な感じとかその後明らかになってくる出来事に対して結構感情の揺れが激しい役なのですがさすがの演技力って感じです。
ウギョンと一緒に事件の真相に迫っていくカン・ジホン刑事役にはイ・インギョンさん。この方ソンちゃんはコメディ系が多かったのでそのイメージが強く、とてもシリアスな役は新鮮でした。熱血だけどなるべく冷静に事件を見ようとしていて、悪を許さないまっすぐな刑事のジホン。
ジホンの相棒チョン・スヨン刑事を演じるのはナム・ギュリさん。クールで男勝りな性格。ライダースを着てバイクに乗っている姿はヒュ~って感じでかっこいいです。実はスヨンにも家族の問題を抱えています。
ドラマ全体に対してミステリアスな雰囲気を増させているのが児童センター勤務のイ・ウンホ役、エンくん(VIXX)。入隊前の作品でソンちゃんはアイドル認識はしていましたが最近ではすっかりドラマ定着。内気で口数の少ないウンホは子供には優しく接する一面、間の取り方とか視線がいちいち裏がありそうな、一見普通だけど不穏な感じという絶妙な加減で演じています
ソンちゃん的イチオシの存在はホ・チャンウク役ヨン・ジェヒョンさん。情報課の警察でいろんな情報を集めてくるのですがジホンとのやり取りがクスッと笑いを生んでます。若手の俳優さんみたいで注目株ではないかと勝手に期待!笑
児童虐待を扱っていることもあり子役さんもたくさん出演しています。かわいくて演技が上手な子役さんたちが、「虐待」をうけて傷を負っている姿を見ると涙が止まりません。↓エンくん子役ちゃんたちのかわいいオフショット♪
親の勝手な都合で捨てられてしまったり、家庭内暴力を受けてしまったり、虐待の形も様々。子と親の形について考えさせられます。人の心の弱さにも考えさせられます。
連続殺人事件の犯人はだれか、ウギョンにだけ見える緑色の服を着た女の子はだれか、ウギョンの記憶に隠された真実は?というサスペンス要素が2転3転していくのでドラマ後半謎が解けだすととても面白いです!
ドラマの最終回でジホンが言うセリフに「子供は面倒だし責任が重いから苦手だった。でもその重みを受け止められる充実感と責任を全うできる達成感を感じられる、だから皆子供を持つのだとわかった」(一言一句は覚えてません泣)的な感じのセリフが響きました。
サスペンス好きの方におすすめのドラマです。
制作:2018年
演出:チェ・ジョンギュ 『TWO WEEKS』『オクニョ 運命の女(ひと)』
脚本:ト・ヒョンジョン 『アチアラの秘密』『愛もお金になりますか?』
出演
キム・ソナ:『品位のある彼女』『女の香り』『私の名前はキム・サムスン』『先にキスからしましょうか?
イ・イギョン:『ジャスティス -検法男女-』『ウラチャチャ My Love』
ナム・ギュリ:『私の恋したテリウス~A LOVE MISSION~』 『ハートレスシティ~無情都市~』
エン(VIXX) :『知ってるワイフ』『愛の迷宮~トンネル~』
タイトルとURLをコピーしました