韓国ドラマ『輝く星のターミナル(原題:キツネ嫁星)』仁川空港を舞台に温かなタッチで描くヒューマンラブストーリー!

・おすすめ★★★
韓国ドラマおすすめ度 ★★★

イ・ジェフン×チェ・スビン×イ・ドンゴン共演!

仁川国際空港を舞台に、旅客サービス部門で働く人々の奮闘と、不器用なヒロインとエリート新入社員のロマンスを温かなタッチで描く、ヒューマンラブストーリー

まず、空港が好きなソンちゃん的には映像が綺麗でそれだけでも満足度高かったです☆最初はよくあるヒロイン成長物語系かと思いましたが、少し意外なSF要素も入っていたり、ラブ要素も結構あったり、泣けるようなところもあり、面白かったです

簡単なあらすじ↓

憧れの仁川空港公社に入社して1年になるハン・ヨルム(チェ・スビン)は、不器用な性格がゆえに数々のトラブルを起こし、“爆弾”と呼ばれる存在に。旅客サービスチームへの異動を命じられたヨルムは、自分の指導係になったのが新入社員のイ・スヨン(イ・ジェフン)。スヨンは人との関わりを避け、淡々と業務をこなしており、そんなスヨンが指導員あることが気に入らないヨルム。しかし、ある日ヨルムが旅行客に襲われそうになったところをスヨンに助けられ、彼が過去にも自動車事故の危機から救ってくれたことを思い出し、スヨンに伝えるも「人違いだと」否定される。
次第にヨルムはスヨンに興味を抱くようになり、スヨンもまたヨルムが気になり始める。やがて2人は第2ターミナルの勤務になるが、そこには姿を消したはずの因縁の兄、ソ・イヌ(イ・ドンゴン)がいた。

序盤はヨルムの性格(おせっかい、早とちり)に少しいらっと。笑  でもチェ・スビンちゃんかわいい~♡顔はもちろん声がかわいい!何事にも一生懸命で、困ってる人を放っておけないヨルムです。

輝く星のターミナル ヒロインのヨルム役チェ・スビン

無表情で淡々とした性格のスヨン。ヨルムは同じ旅客サービス課で入社時期も近い、スヨンと仕事で協力することが多く、スヨンはヨルムのフォローをしていきます。

輝く星のターミナル イジェフン

そんな2人ですが、初出勤日たまたま雨宿りをした時に出会います。

輝く星のターミナル あらすじ、感想

そこでヨルムがつけていたネックレスがスヨンの右腕にピタッと。最初見た時は全然意味がわかりませんでしたが、これが話の軸の始まりなんですね~。このレストランの前の雨のシーン綺麗でした(ღ*ˇᴗˇ*)

輝く星のターミナル イ・ドンゴン

ドラマの重要な役割にソ・イヌ役イ・ドンゴンさん。不穏な空気を一人で担っています。笑  スヨンには両親の再婚で異母兄弟となったが、ある事件後姿を消した兄がいてそれ以降音信不通、不仲に。するとどういう訳か名前を変え、海外の空港のコンサルを行った優秀な人材としてインチョン空港にその兄がやってくるのです。兄弟の関係性、それぞれの感情が描かれています。

輝く星のターミナル SF9 ロウン

人気K-POPグループ、SF9のロウンはヨルムの同僚役で出演しています。離発着管理系の仕事?のようで、職場の舞台もかっこいい。憧れる~!ロウンはヨルムの友達ですが、実はヨルムに想いを寄せている片思い君。少し切なさもありましたが、とてもいい奴なんです。

常にヨルムを気遣ってあげるのですが、、、片思い切ない。ロウン君がでるドラマは「アバウトタイム」に続き2つ目ですが演技上手だと思います!最近のアイドルは器用な人が多いですね~☆

輝く星のターミナル 感想 あらすじ

警備組のラブラインもよかったです~!柔道段保有で女だからとなめられたくない!といったような性格のヨンジュ(イ・スギョン)を近くからやさしく見守る恋愛不器用なテギ(キム・ギョンナム)。この2人のラブラインにも注目です

ヨルムとスヨンを見守る上司ヤン・ソグン役にキム・ジスさん。かっこいい☆できる上司でてきぱきと指示を出し、一見冷たそうだがとても優しい。スヨンとはエピソードがあります。

輝く星のターミナル イ・ジェフン

人と関わりを避け、なるべく目立たずに平凡に生きていくことを願うスヨンがヨルムと出会い、変わっていきます。最初はぶっきらぼうなのに、陰で助けてくれたり、いきなりストレートに気持ちを表現したり、キュンとします♡この役のイ・ジェフンさんステキでした~!

スヨンには実は悲しい過去があり、というところからSF要素が少し入っていたり、スヨンとヨルムは以外なところで実は繋がっていたり、とストーリーの幅は結構広く、見入ってしまいます。スヨンの切なさにも涙。16話と少し短いので最後、あれ?あの話はどうなったの?とか、あの人たちはなぜあぁなったのかな?とか思うところはありますが、まぁ内容がおもしろかったので良きかな♪

チェ・スビンちゃんのファッションもかわいくて好感でした!空港なのでタイトスカート×シャツスタイルが多いのですが、お似合いで参考にもしたいなと思いました^^

脚本家も演出も豪華メンバーのタッグなので間違いありませんね。温かい優しいタッチのドラマでおすすめです!

制作:2018年

脚本:カン・ウンギョン「浪漫ドクターキム・サブ」「家族なのにどうして」「九家の書~千年に一度の恋~」

演出:シン・ウチョル「シークレット・ガーデン」「紳士の品格」

出演

チェ・スビン:「雲が描いた月明かり」「ロボットじゃない」

イ・ジェフン:「シグナル」「明日、キミと」

イ・ドンゴン:「七日の王妃」「月桂樹洋服店の紳士たち」

キム・ジス:「花郎」「百済の王 クンチョゴワン」

キム・ギョンナム:「ここに来て抱きしめて」「被告人」「刑務所のルールブック」

ロウン(SF9):「アバウトタイム~止めたい時間~」

タイトルとURLをコピーしました