『ライフ』イ・ドンウク主演 人命か経営か。それぞれの信念がぶつかりあうメディカルドラマ

・おすすめ★★☆
韓国ドラマおすすめ度 ★★☆

「トッケビ」で全国的人気俳優イ・ドンウク×「馬医」チョ・スンウの豪華W主演!守ろうとする者と変えようとする者の信念の葛藤を中心に、大学病院内の権力闘争や人間関係を描いた医療ドラマ

観終わった結果、、、面白かったけどシーズン2あるのかな?っていう感じで一件落着したようなしていないような、少し不完全燃焼です。笑

簡単なあらすじ↓

応急医療センターで忙しく働く医師イェ・ジヌ(イ・ドンウク)。すべては父のようでもあり、友人のようでもあった院長イ・ボフン(チョン・ホジン)が急死し病院全体に不穏な空気に包まれる。そんな時に財閥出身のク・スンヒョ(チョ・スンウ)が社長として赴任してくる。医療機関を企業と同じように考え、効率を重視するスンヒョのやり方にジヌは反発するが…。

俳優一人一人の空気感とか、心情の描写がとても丁寧な感じでソンちゃんは結構好きでした♡ストーリーには少し謎なところも残りますが。

「トッケビ」の死神役で大人気のイ・ドンウクさんは相変わらずのイケメン。← 白衣姿もかっこいい。

イ・ドンウク演じるイェ・ジヌは幼い頃に交通事故で父は他界、下半身不随となった弟と一緒に暮らしている。医者としての使命を第一に考え、病院の体制や経営方針に異議を唱えていく。といったところ。兄弟愛なども描かれています。

それに対し、財閥グループの中、血縁意外で最年少CEOになったク・スンヒョ(チョ・スンウ)が病院の社長として赴任。病院の経営改善のためにコスト・利益を徹底的に見直し、医者たちの反発がありながらも改革を進めていく。財閥のあたりも結構リアル感があります

チョ・スンウさん、さすがですね、はい。ほんとに表情が細かくて心情の変化を繊細に表現しています。冷たい人っぽいけどそれは経営者だからなのか?視聴者からすると「期待しちゃうけどいいのか?」と思わせてくれます。笑 社長という役柄、スーツ姿が多いのですがそのスーツもビシッっと決まっていて個人的にはそこも見どころです。

小児科の先生イ・ノウル(ウォン・ジナ)はジヌの友達

その他の教授メンバーもなかなかな俳優さんがそろっていてそれぞれのキャラクターがはっきり出ていておもしろいです。白い巨塔チックな感じで、人命優先なのか、経営優先なのか、その裏には出世や派閥問題、医療事故なども潜んでいて「あぁ~病院の裏側ってこんなにドロドロしてて大変そう~」って勝手に納得しちゃいました。(実際は違うのでしょうが)

脚本家は「秘密の森」のイ・スヨンさんでチョ・スンウさんとは続けてのタッグということで現在の社会問題も描いたメディカルヒューマンドラマです!

制作:2018年

脚本:イ・スヨン「秘密の森~深い闇の向こうに~」

演出:ホン・ジョンチャン

出演

イ・ドンウク「トッケビ」「ホテルキング」「女の香り」

チョ・スンウ「秘密の森」「神様がくれた14日間」「馬医」

ウォン・ジナ「ただ愛する仲」

イ・ギュヒョン「秘密の森」「刑務所のルールブック」

タイトルとURLをコピーしました